« 2005年8月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年9月

2005年9月17日 (土)

オペラ座の怪人

妻と義妹を連れて汐留へ。
昼食をL.A.S.Tというアメリカンな店で済ませて、いざ、「オペラ座の怪人」へ。

またか? と思われの方もいるかも知れませんね。
約3週間ぶりの「オペラ座の怪人」です。(笑)
8月末に「オペラ座の怪人」、9月に入ってから「李香蘭」「オペラ座の怪人」。

でも毎回、非常に新鮮です。
今日の「オペラ座の怪人」、キャストが違うのでガラッと雰囲気が違いました。
少し演出も変わってた気がします。
前回、気が付かなかったのか・・・。座席が違うので、見易くなったのか。

キャストは・・・
オペラ座の怪人/高井治 ・ クリティーヌ・ダーエ/佐渡寧子 ・ ラウル・シャヌイ子爵/佐野正幸
カルロッタ・ジュディチェルリ/岩本潤子・メグ・ジリー/松元美樹・マダム・ジリー/戸田愛子・ムッシュー・アンドレ/寺田真実・ムッシュー・フィルマン/小林克人・ウバルド・ピアンジ/半場俊一郎・ジョセフ・ブケー/岡智

男性アンサンブル
孔大愚 / 増田守人 / 齊藤翔 / 小倉佑樹 / 九篠マーティン / 塚本伸彦 / 吉末高久

女性アンサンブル
大月悠 / 岡山梨都子 / 石川愛 / 石野寛子 / 小野さや香 / 小野誠子 / 岸千恵子 / 黒田あきつ / ちな / 野坂華代 / 久居史子 / 宮内麻衣


幾つか、ハプニング的なものもありました。
シャンデリアに布がからまった、高井ファントムが階段をつまづいた、佐野ラウルが台詞を噛んだ、高井ファントムの炎の魔法が地面に落ちずに佐野ラウルに命中した、など

率直な感想では、少し演技的に物足りなさを覚えました。
全体的にも硬い印象。ぎこちないような・・・。抑揚がないような・・・。
しかしそれを超えて満足感を与えてくれたのが、高井ファントムと佐渡クリスティーヌ。
この2人は素晴らしい。何度観ても、素晴らしい。一気に引き締まりました。

佐野ラウルは初めてでしたが・・・。何と言うか、女性的な印象でした。
男らしさとか、強引さというか、そういうのが無い感じ。
個人差があるとは思うのですが、私としては今ひとつ。
聡明でいかにも子爵のような石丸ラウル。私は、そっちの方が好きかも。

う~む、でもやはり良かったです。
また行きたくなってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

李香蘭

妻と「李香蘭」を観て来ました。
私の個人的大好きミュージカルです。
一方、妻は・・・。今ひとつ。

作品としては日本が満州を制圧していた頃の話。史実を忠実に表現しており、中国本土でも絶賛されている作品です。歴史謝罪をし、そこで赦しをもらう。

憎しみを捨てて考えよう。憎しみを憎しみでかえすなら、争いは未来永劫続くだろう。徳を持って恨みに報いよう。

しかしこれが昨今の日中関係で反映されていないのも事実。
日本が幾ら謝罪をしても認めない中国。そのギャップは確かに感じます。それを思うと、空しく思えてしまう作品です。
しかしそれ以上に素晴らしい作品なんです。私・・・泣いてしまいました。もうこの作品は5回以上観ているのですけどね。でもそれ位、素晴らしい。


キャストも良かったです。
李香蘭 : 野村玲子 / 川島芳子 : 濱田めぐみ / 李愛蓮 : 五東由衣
杉本 : 芝清道 / 王玉林 : 芹沢秀明

男性アンサンブル
山口文雄/高橋是清/海軍大将 : 松宮五郎 / 李将軍/参謀/丸ノ内警察署長 : 青木朗
参謀/関東軍中佐 : 岡本隆生 / 検察官/参謀 : 川地啓友
弁護官/連合艦隊通信員 : 飯村和也 / 裁判長/参謀/将軍 : 種井静夫
新聞記者 : 遠藤敏彦 / 検察官/新聞記者 : 朝隈濯朗
溥儀 : 白倉一成 / 参謀/関東軍少佐 : 深水彰彦
永井荷風/斉藤隆夫 : 深見正博 / 青年将校 : 前田貞一朗
負傷兵 : 中村匠 / 検察官/参謀 : 池田英治
奉天放送局局員 : 坂本岳大(劇団昴) / 伝令兵 : 田中彰孝
伝令兵 : 長谷川浩司 / リットン卿 : 渡邊今人

石路 / 中島大介 / 良知真次 / 川原信弘 / 張野
張沂 / 杜彦昊 / 牛俊杰 / 劉志 / 王斌

女性アンサンブル
山口夫人 : 大橋伸予 / 李夫人/声楽教師 : 末次美沙緒

礒津ひろみ / 佐藤夏木 / 種市万里子 / 岡本和子 / 山本貴永
大西利江子 / 大橋令奈 / 前川遙子 / 光武礼子 / 室井優 / ヤマグチM.ユミ


野村さん、久々に見ました。第1幕の最初は、「あれ?こんなものだっけ?」と思ってしまいましたが、次第に流石の演技。素晴らしかったです。
濱田さん、五東さんも最高でした。

そしてカーテンコールでは、何曲かナンバーを歌ってくれました。
今日は抗日戦勝記念という事で、それも考慮してだったのでしょうか。感慨深かったです。

中国と日本。日本と中国。2人は兄弟(姉妹)。2つの国を愛して欲しい。黒い髪、黒い瞳。
歌声が響きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年11月 »