MLB

2011年7月27日 (水)

西武対千葉ロッテ

今年、プロ野球公式戦の初観戦。埼玉西武対千葉ロッテです。

西武のファンクラブ会員特典でA指定席引換券があるのですが、その期限が7月末まで。更に先日、夏休み企画でうちわ交換会・・・いや抽選会の参加券が送られてきました。なので丁度良いタイミングかと。

17時20分頃に球場前に到着。チケット引換所はそこそこの列。予想したよりは少な目。でも多いですけどね。かなり良い場所も余っていたようですが、空いている所で観たかったので、1塁側(ロッテ側)のB指定席、上の方にしました。

201107271800000

【埼玉西武】

8栗山

4原

6中島

5中村

7坂田

DHフェルナンデス

3浅村

2銀仁朗

9秋山

P帆足→牧田

【千葉ロッテ】

8岡田

9伊志嶺

4井口

3カスティーヨ

5今江

DH里崎

6渡辺正

2的場

7早坂

P小林→中郷→吉見→川越

201107271759000

結果は4-1で西武の勝ち。3連勝となりました。

この試合、西武の良いところ。効率の良い得点、そして相手のミスをことごとく得点に結びつけられました。

初回の西武。先頭の栗山が2塁打、原が送って、中島が犠牲フライ。

直後の2回のロッテ。今江のセンターライナーを栗山がスライディングキャッチ。里崎、渡辺の打球は良い当たりでも野手の正面。

3回の西武。先頭の秋山がレフトフライ。続く栗山がヒット。原の打席で栗山の盗塁が的場の悪送球を誘って3塁へ。原の犠牲フライで追加点。

4回のロッテ。2アウトランナー無しから連続長打で1点。

悪い流れだったのですが、その裏の西武は中村がレフトフライで、坂田が2塁打。フェルナンデスの打席で小林の暴投で坂田は3塁へ。フェルナンデスの犠牲フライ。

もう何をやっても良い感じ。観ていて楽しかったです。

た~だ~し! この時期の西武ドームは凄い。暑いったらありゃしない。途中、少しだけ行儀悪くダラけました。(空いてて良かった)

201107271857000

帰宅して何やらMLBで凄い試合があった様子。

アトランタ対ピッツバーグの試合。延長19回までもつれこんだ試合、6時間39分という長い試合での決着は誤審だったという話し。

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_07_26_pitmlb_atlmlb_1&mode=gameday

う~ん。。。クリント・ハードル氏ってピッツバーグの監督をやっていたのですね。大好きな監督です。

ってのは良いとして、空タッチという判定なのでしょうかね。その瞬間は3塁走者もベースの1メートルくらい手前ですし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

Bob Feller氏

火の玉投手と言われたボブ・フェラー氏の訃報。92歳だったそうです。

先日、職場の子どもが「火の玉投手」と口にしていて、話しを聞くとボブ・フェラー氏の話でした。私も思わず嬉しくなってカードを見せたり、フェラー氏の話をしました。

201012162227000

266勝162敗。戦争がなければ・・・とは良く言われたものですが、それにしても凄い記録の数々。

201012162236000

そして私としてはフェラー氏は少しだけ思い入れのある方でした。まだMLBカードを本格的に集め出して間もない2001年。赤青でAbsolute MemorabilliaというMLBのカードを買いました。当時はまだ夫婦ではありませんでしたが、妻と一緒にお店で食事をしながら開けました。箱に1個のSign Ballが封入されていて、それがフェラー氏のものでした。

私も名前だけは知っていましたし、嬉しかった思い出。因みにその箱からはPujolsのRC-Baseカードも出ました。

今年は好きなMLB選手の訃報が多い気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

ワールドシリーズ

日本では日本シリーズの真っ最中。今日は第3戦でした。

ロッテの渡辺俊が良いピッチングをしてロッテがこれで2勝1敗としました。今日からは千葉マリンでの試合。さてどうなるでしょうか。

海の向こう、アメリカではワールドシリーズ。

TCCS(東京コレクターズカードショー)で、くつさんから受け取った2010WS予想のウイニングチケット。私は5枚持っていましたが、その内の2枚がワールドチャンプにレンジャース、1枚がジャイアンツの予想。と言うことで、かなりアツイ。

1枚目:優勝はレンジャース・第5戦決着・MVPは野手

2枚目:優勝はレンジャース・第4戦決着・MVPは野手

3枚目:優勝はジャイアンツ・第7戦決着・MVPは野手

ジャイアンツの3勝1敗で迎えた今日。先発は・・・

201011022146000

リンスカムが8回を投げて被安打は3、失点は1に抑えました。そしてジャイアンツが56年ぶりにワールドシリーズチャンピオンに。

と言うわけで、くつさんのチケット結果は:優勝はジャイアンツ・第5戦決着・MVPは野手(レンテリア)

う~ん、惜しい。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

嘘だと言ってよ

「嘘だと言ってよ、ジョー!」と言う言葉は、MLBファンの中ではあまりにも有名です。ルー・ゲーリック、ロベルト・クレメンテなど若くしてこの世を去った選手というのは逸話が残るにつれてどうもドラマチックになることも。

シューレス・ジョーことジョージャクソンも謎の多い選手。ブラックソックス事件で永久追放され、テレビで自信の無実を主張する前日に心臓発作で他界しました。

MLBカードで言うと、彼のメモラカードは球界から追放されているためになかなか出ません。今までで出たのって、確か2~3種類だったかと思います。

でも欲しい。欲しいけど、カードは高い。ってことで随分前に入手したのが、これ。

201008011258000

ジョー・ジャクソンが1916年以降に使用していたGame Usedのバットのおがくずです。プラスチックケースに入っていて、COAも付いています。

でもやはり出来たらAutoが欲しい。でも・・・一体幾らするのか・・・。でも入手しました。

それが、これ!

201008011300000

RAZOR社から発売されて、Beckett社のケースにおさめられたこのカード。世界限定1枚の1of1です。そりゃ、あのシューレスジョーですもの。世界限定1枚です。

高そうでしょう。何万円?いやいや、何十万、何百万?いや、それほどでもないんです。

というのも・・・名前を見る限り、"Shoeless Joe"はニックネームとしても、本名の「Joseph Jefferson  Jackson」とは読めない。。。そして1951年に亡くなっているのに紙が新しい。

という訳で、このシューレスジョーは

Photo

映画「フィールド・オブ・ドリームス」のシューレスジョー。レイ・リオッタ氏のサインカードです。

大好きな映画ですし、思わず入手してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

Griffey引退

MLBシアトルマリナーズのKen Griffey Jrが引退を表明しました。

彼を初めて見たのが日米野球。当時は父親との同時来日で騒がれました。とは言え、私もそんなに詳しくなく東京ドームでの生グリフィーにも、「へぇ~あの2人って親子なんだ。すごいなー。」という程度。もっとしっかり見ておけば良かった。

201006051712000

因みにその当時、来日選手で私が注目していたのはOil Can Boid。でも今になって考えると、Mike Scioscia選手、R・Johnson投手、Barry Bonds選手、Ozzie Guillen選手、Alomar兄弟などなど、Griffey親子以外にもそうそうたるメンバーでした。

Griffey Jr選手。22年間で2781安打、630本塁打などなど数字で見ても凄い選手でしたが、それ以上に印象にも残る選手でした。私がMLBカードを買い始めた頃なんて、UD製品は表紙がGriffeyばかりでしたし。

201006042326001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

あと1人

野球で完全試合ってのがあります。

1人の投手が相手打者27人に対して、1人も安打を許さず、1人も四死球を出さず、味方の守備も1人も失策をしないで完封勝利をすること。

NPBでは過去15回達成され、一番最近のものでも1994年の槇原(巨人)で、その前は1978年の今井(阪急)。

それがMLBでは昨年はバーリー(CWS)が達成。そして今年はブレイデン(As)、ハラディ(Phi)が相次いで達成。そして今日、ガララーガ(Det)も27人目の打者をファーストゴロに!

と、ここで何と、タイミングは完全なアウトも塁審はセーフの判定。その後の試合中も観客も選手も野次をとばしていました。結局、ガララーガは次打者を打ち取って完封。

試合後、塁審は誤審を認めました。

ガララーガは今年28歳。まだまだ頑張れ!

201006032150000

| | コメント (0) | トラックバック (0)